書評

【書評】小説 ハーモニーの要約と感想(伊藤計劃)

SF作家を目指している友人の勧めで伊藤計劃さんのハーモニーを読んだので書評を書いていこうと思います。(ネタバレしてたらごめんなさい。。)

あらすじ

まずはamazonに書いているあらすじからご紹介。

 21世紀後半、〈大災禍〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は見せかけの優しさと倫理が支配する“ユートピア”を築いていた。そんな社会に抵抗するため、3人の少女とは餓死することを選択した……。 それから13年後。死ねなかった少女・霧慧トァンは、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、ただひとり死んだはずだった友人の影を見る――『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。日本SF大賞受賞作。

と、こんな風にamazonに書いているのですが、僕の中で要約するとこんな感じです。

21世紀後半に「大災禍(ザ・メイルストロム)」と呼ばれる大混乱が世界中で起きる。(核爆弾が世界中で落ちまくり、未知のウイルスが蔓延。)

なんとか世界の人間が復帰するも、大災禍からの反省と人間が少なくなったことにより、世界は資本主義経済(政府)から医療福祉社会(生府)へ移行する。

生府の社会では、大人になると体に入れられる「WatchMe」と呼ばれる恒常的体内監視システムが発達しており、風邪や病気にかかることがほぼなくなる。それと同時に、体に害を与える可能性のある物質(タバコやお酒など)は全て禁止されてしまう。

それに反旗を翻す主人公とその大親友の物語。。

って感じでしょうか。ここまでが幼少期のお話で、それから先はまた物語が発展して「えっ!?」と思うことが結構出てきます。

感想

世界観がなんといっても素晴らしく、面白い。資本主義が蔓延る現代社会と医療福祉社会だと考え方の前提条件が違うため、例えば「自分の体は自分のもの」という考えは現代の中高生ならば考えることがないだろうが、医療福祉社会だとそれを考えてしまう。

なぜならば、自分の体で自分の好きなことが出来ないからだ。

例えば、現代だと暴飲暴食をする人間はいるし、体型も太っている人間から痩せている人間までそれこそ千差万別で居る。

が、医療福祉社会では「WatchMe」により体調・健康を管理される他、外部の「健康プランナー」なるものが、日々の健康的な食事を提案してくれる。

他にも、体に少しでも良くない食べ物を食べようとすると事前に警告文が出たりする。。

健康第一を目指している人ならばこれで良いかも知れないが、自分の体が自分のものでなくなる実感は医療福祉社会の世界では必然的に起こりそうだと感じた。

SF小説作家を目指す彼が発売して間もなくこの本を僕に薦めてきた理由がなんとなくわかった気がする。今読めてよかった。