バンコク

タイ人の彼女を持ってわかった10の特徴【タイ人彼女持ち歴2年】

こんにちは。リノです。

僕は今、タイと日本を往復しつつタイ人彼女と愛を育んでいます。

タイの彼女とは付き合ってかれこれ2年が経過するのですが、今回は僕がこの2年間を通して知ったタイ人彼女の特徴をお伝えします。

ちなみに、バンコクにはバンコク育ちの子と田舎育ちの子居るのですが、どちらで生まれ育ったかによって性格が180度変わります。

そこで、まずは僕の彼女のプロフィールを紹介します。

タイ人彼女のプロフィール
年齢:23歳
出身地:チェンマイ近郊の田舎
身長:150cm
顔:童顔
仕事:外資商社の事務員
趣味:植物観賞、映画鑑賞

このように僕のタイ人彼女は田舎出身なので、田舎出身女性の特徴をお伝え出来たらと思います。

では、内容に入っていきます。

タイ人彼女を持ってわかった10の特徴

家族愛が半端じゃなく強い

これはタイ人全般に共通して言えるのですが、タイ人の家族愛は日本と比べられないほど強いです。

日本の場合、仕事と家族のどちらを取るかと迫られると仕事を選びますが、タイ人の場合間違いなく家族を選びます。また、本人よりも家族を大切にする風習があります。

例えば僕の彼女は現在、足腰の不自由なお爺さん・両親・長男・次男が生活に困っているのですが、それぞれに毎月仕送りを送っています。たとえ彼女の生活がキツくなろうともです。

このようにタイ人は家族愛が強いので、相手の家族を受け入れてあげないと関係は長く保ちません。

実際、「彼氏が家族を受け入れてくれなかった」という理由で破局しているカップルもよく居ます。

タイ人女性は寂しがり屋が多い

田舎育ちのバンコクっ子は寂しがり屋さんが多いです。というのも、田舎からバンコクに出てきて単身で稼いでいる女性は、家族がいない分寂しさを感じているからです。

そのため、タイ人彼女からの連絡はめちゃくちゃ頻繁に来ます。

日本だと仕事中は私用の連絡をすることってあまりないと思うのですが、タイでは仕事中でも普通に連絡が出来ます。そのため、仕事の時間中でもラインがバンバン飛んできます。

嫉妬が激しい

タイ人女性は嫉妬が激しく、彼女以外の女性と2人で飲みに行こうものなら、刺されるレベルで嫉妬されます。10時以降も男友達と飲んだりするのも危険です。なぜなら、

日本の夜=女遊び出来るスポットが多い

というイメージがタイ人女性にはあるからです。

そのため僕はタイ人彼女と付き合い始めた最初の数ヶ月間、身の潔白を証明するために男友達と遊びに行く場合は写真を10分おきに送っていました。

感情の上がり下がりが激しい

タイ人彼女と日本の彼女の大きな違いかな?と思う部分ですが、感情の上がり下がりが結構激しいです。

小さなことですぐに怒るし、逆に、小さなことですごく喜んでくれます。

例えば、ラインの返事が少し遅れただけで怒ることがあります。

感情の上がり下がりが激しいと、だんだんイライラしますが、ちゃんと受け入れてあげることが、タイ人女性と付き合うための大事なポイントです。

浮気しない

タイ人女性は、浮気をしません。ただし、バンコクっ子と田舎の育ちの子なのかによって、変わってくるそうです。

タイで生まれ育った友人に聞いた話ですが、田舎で育った子は浮気をすることがない一方で、バンコクの中心地で生まれ育った子は、浮気をする傾向にあるそうです。

ちなみにタイの男性はバンコク育ちであれ田舎育ちであれ平気で浮気をするそうで、そのためか、タイ人女性の男性に対する締め付けが厳しくなってるとかなんとか。。

甲斐性がある

タイ人女性は甲斐性があって、自分がどんなに苦境に立たされている時でも助けてくれます。

例えば、僕は過去に無職になった瞬間があるのですが、それでも彼女は一切見放さず、「お金がなかったらいくらでも何でも送るから、いつでも連絡してね。」と励ましてくれました。

実際、仕事をやめたのが冬場で服がなかった僕に彼女は服を送ってくれました。(下のは当時くれた服の写真)

すごく甲斐性があるので、タイ人男性が働かなくなるのもなんだか納得。。。
(タイの男性は結婚後、働かなくなるケースが多い)

気が強い

甲斐性がある一方で、気も強いです。タイ人女性は一度怒ると、なかなか謝りません。とにかく自分の非を認めず、相手を非難してきます。

もしあなたが、タイ人女性と口論や喧嘩になった場合は、相手にどんな非があろうと、とりあえず謝るようにしましょう。そうすることで、だいたいの私生活はうまくいきます。

料理が出来ない

タイ人は基本的に料理が出来ません。なぜなら、料理を作る必要がないからです。

一度でもタイに行った事がある人ならご存知かと思いますが、タイでは屋台の文化が発展しています。

日本で夜に外食に行くと平均して1000円はかかると思いますが、タイだと一食50バーツ~100バーツあれば十分足ります。

タイ人女性は料理を買って帰るので、料理が出来ない人が多いです。

また、家にそもそもキッチンがないのも良くあることで、僕の知り合いの一人暮らしの家にはキッチンがありませんでした。

食わず嫌い

タイ人女性は食わず嫌いが激しいです。一度でも食べられないと思ったら普通に料理を残します。

以前、日本からのお土産で彼女にお餅・チョコ・せんべいを彼女に渡したのですが、彼女が嫌いなお餅とせんべいは少し食べた後は一切手をつけられていませんでした。

ちなみに、彼女の同僚10人(全員タイ人)をラーメンに連れていったことがあるのですが、約7割が全く食べられず残されちゃいました。。。

細かいことは気にしない

タイ人は基本的に細かいことを気にしません。俗に言う、「マイペンライ」(大丈夫、問題ない・なんとかなるさ)の精神です。

どれだけお金がなくても、「まぁ、なんとかなるさ」と言って日々を過ごしています。

逆に、神経質な人からすると、「気にしなさすぎじゃない?」と思っちゃうくらい適当な時がありますが、そんなときは優しく受け入れてあげてください。

余談:金銭感覚の違い(昼の女性、夜の女性)

ちょっと余談になりますが、夜の仕事をしている女性と昼に仕事をしている女性では金銭感覚が違うなーと思ったので、メモ程度に書いています。

夜の女性は贅沢にお金を使っちゃうのに対して、昼の女性は倹約家が多い印象があります。

例えば、夜の女性がインスタやラインにブランド物のバッグを買った写真や高級クラブでボトルを入れている写真を投稿しているのに対して、昼の女性はプチ旅行で楽しんだ写真を投稿していたりします。

日本の文化ともそんなに変わりはないと思うのですが、夜の女性とお付き合いを考えられる際にはお気をつけください。

まとめ

いかがでしたか。

今回はタイ人の特徴を10個、お伝えしました。

あくまでも個人的なお話なので、人によって違いは大きく出てくると思いますが、ほとんどのタイ人女性が今回の記事でお伝えした感じだと思います。

以下の記事では、タイ人女性と出会う方法もお伝えしているので、よろしければご覧ください。

あわせて読みたい
Tinder
バンコクで出会いが欲しいならこのアプリ!アプリ攻略法も同時公開!バンコクに来て夜の女性と遊ぶのも良いけど、やっぱり普通の女の子と出会いたいですよね。 私も初めてバンコクに来た時は夜の街にハマりま...